紙屑かご歯ブラシも日腎不全向ぼっこ

p〉〈時は> <特約専門家、
南京市中西医結合病院
治未病科主任医師  劉欣
多くの家庭のトイレは長年日光を見て、また冬季通風が少なく、病菌の繁殖環境を提供しました.冬はお手洗いにたくさんのアイテムを日光浴.

p〉〈時はタオル<>

タオル貯水性は良くて、さらに上に染まる油脂、ほこりや細菌などの場合は、長い間、暖かい湿度の状態になり、病原菌の楽園.このタオルで皮膚を拭くのは、清潔な作用がなく、皮膚の健康を害する.お湯を使うたびに、直ちに洗浄して干して干して、毎週間に熱湯で消毒して、干して通風所に掛かって.

あかすり時、身の汚泥やふけを受けるためにつめこんで垢すりタオル外力作用されの繊維間、ただ簡単な洗浄をきれいに洗って垢すりタオルどころではない.最良の方法は洗浄後に日光の十分な場所で干して干して.

p〉〈時は> <歯ブラシ
pの歯ブラシは、1段の時間、大量の細菌成長繁殖、それらは口腔直接人体消化道や気道、腸炎、肺肺感染症などを引き起こすことができます.また、歯ブラシを保持するためには、歯ブラシは、消毒、消毒、直射日光の直射日光に注意する必要がない.

p〉〈時は> <紙屑かご
紙屑かごいっぱい

が論点は、最もされやすい人無視の陋習.それから紙やナプキンなど長時間紙屑かご内で保管して、きわめて繁殖細菌やカビが生じ、ニオイ、人体の健康に影響を与える.紙屑かご最高毎日きちんと整理して一度、毎週消毒水で消毒して、ブラシで洗うきれいで、そして日差しのある場所に置いてからお使い.

p〉〈時は> <汚い衣かご
は、衣服やウイルスに感染しやすく、陰干し消毒に注意しなければ、そのうちに交差感染を起こし、毎週臓のくずかごは太陽の下で日に焼け、よりよく殺菌するように提案します.

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*