男は不妊してど腎不全うするんだ

俗世間は女の特許は、不妊の女性は卵は卵のない雌鳥として、妊娠卵の雄鳥はありませんと聞いたことがある」.実は、不妊の原因は男女双方にすべて責任があることで、その中はただ男性不妊に占める1分の1
,単純に女性の不妊は3分の1、3分の1は男女のすべて問題があるのです.近年来、工商社会生活が忙しく、環境汚染が深刻になり、不妊率は向上し、平均は七七組の夫婦には妊娠がありません.

不妊は、夫婦で2年内、避妊していない場合には妊娠することはできません.不妊の原因で男性と関係の場合、と呼ばれる男性不妊症.受胎の過程で、男性は精子が女性の体内に入って、射精する時、精子は精嚢内の液体に伴う液体の液体に伴って尿道に入って尿道に入って尿道に入って、更に体外で体外に出射ます.製造から送った過程で、いかなる地方で問題が出て、不妊になる.だから男性不妊症の原因は、大きく分けると異常精子製造異常精子輸送二類.

精子製造異常はない精子発生したり、精子数不足、形が正常か機能は正常で、による原因:先天の染色体異常、内分泌異常、隐睾症またはいくつかの精子を害する製造の物質が抗がん剤)、または感染(例えば耳下腺炎後の睾丸炎)などの要因.また、精索静脈瘤やアルバイトのズボンを着て、陰嚢の内の温度が高いために、精子の品質不良時も生じる不妊の結果.

異常精子輸送は、睾丸に正常な精子製造が、輸送の配管が狭いや渋滯に伴って、あるいは射精時の精液がおかしいなどによる不妊の原因にあります:輸精管結紮、先天輸精管狭窄やない精管、先天性副睾丸症閉塞や感染後閉塞例えば淋病後の精巢上体炎)、結核、射精管閉塞、逆行性射精、ストレージ精嚢異常、撮影護腺炎など.また、インポテンツ不能性交も正常受胎.

診断男性不妊症、まず知っておかなければならない過去の病歴、大体わかる不妊の原因は、もし泌尿係の手術を受けたのには、可能性は睾丸や精管損害;ならば、糖尿病腎不全、肝硬変が精子は、製造異常の原因があるなら、泌尿係統の炎症、例えば淋病、梅毒、精巢上体炎、耳下腺炎、結核なども、不妊になる.また,放射線治療、現在服用している薬や喫煙、お酒を飲むなど、不妊に密接な関係があるということです.

なお、身体検査を理解し、体の発育や陰毛分布の場合、もし異常がある場合は、可能性は先天染色体の問題で,腎不全、陰嚢の睾丸副睾丸症、包皮、尿道口などの各器官の正常かどうか詳しく検査にならない;肛門から指診をチェックすることができます摂護腺や貯蔵精嚢の問題、精嚢静脈瘤もほとんどが身を経由して健康診断を発見した.

精液検査は男性不妊症

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*