漢方医は養生して保養して、好みは5つの腎不全ツボに従って、好みを調節する

私たちはすべて知っていて、好みは直接私達の栄養の吸収に関わる問題について.私たちの好みが良いと、吸収が吸収されないように、体の健康も問題になりました.だから私たちは、私たちは弱い、きっと調理する必要がない.今日は小編でみんなでマッサージをして.皆さんはどんなツボをマッサージすることができますか?興味のある友達は早く来て見てみよう!

どれらのツボをマッサージすることができますp> <いち、押す中かん穴

中かん穴人体前に今正中線任脉で、へその上よんしよ寸、陽明胃经は足の公募穴、これは胃经结聚ところを押す中かん穴を促進することができて息を引き取って運行し、胃の機能を調節する.指で押すやもみ中かん穴、毎回に~さん分、局部の発生から発熱感.

に、もみ鳩尾

p>と<ココロ中かん穴以上、胸骨以下の部位は、胃の体表の対応区、手のひらを時計回りや反時計方向に各揉み36轮以上、局部のぬくもりを感じる、心地良くて、調節する胃ガス機を胃气流暢な作用.もし消化不良で、胃が膨れ症状は、心臓の所から繰り返し上からツイ押す手法、注意して下から押し押し至上.

p3、押しは両肋

を押して

は両の手の手のひらで体の両側に、その後、乳房の下縁の下側に腰を押してから、局部の発熱を施した、こんなことを疎通肝胆マッサージを経て、調ガス機の役割 .

p> <よく練習するこれらの手法が効果的に機能を調節して胃に達し、暖かい胃胃をかいて、調胃ガス機、胃の病気の予防効果.

よんしよ、灸中かん穴

使い艾条灸中かん穴10 – 15分、または艾缶灸20~30分.中かん穴は腹部が正中線、臍上よんしよ寸の所、相当五指の幅.中かん穴が調胃気を補う、化とに濡れ、下がって逆止吐くの作用を改善することができ、灸疗胃疾.

p> <ご、灸足三里穴

のほか膝下さん寸、脛骨の外側に月1横は所を指して、艾条灸で10 – 15分または艾缶20~30分.よく適用灸すえるは、利益の好み、正し培元、調和血気、祛邪予防の効果.

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*