妊婦はどんな果物が食べられな腎不全い果物は何か果物を食べて食べてはいけないことができます

については、妊娠は、妊婦自身自身にとって大きな事であり、全体家庭にとっても大きなことである.だから、妊婦の食生活も非常に重視と保護、多くの飲食は特に注意して、この果物はくれぐれも食べて食べられないことができます.

竜眼:1、竜眼がのぼせるやすい、胎内が増えて.

にやすいように、胃气逆、嘔吐.

さん、たくさん食べて傷の陰、腹痛を起こす、血を見る、さらに流産早産.

パイナップル:いち、パイナップルパイナップルはアレルギーの妊婦婦.

p2、たくさん食べるとパイナップルはのぼせるやすいです.

p3、潰瘍腎臓病または発熱湿疹の妊婦はパイナップルを食べるべきではありません.

スモモ:スモモ:1、2、スモモは多くの傷を傷つけ、歯を腐食します.

に、たくさん食べて人生を痰、甚だしきに至っては弱々し暑い、のぼせて頭がくらくらする.

すもも3、スモモはアレルギーに気をつけて.

パパイヤ:1、妊婦は靑パパイヤを食べて、流産につながる可能性があります.

1、2、体が寒し妊婦はパパイヤ下痢を食べやすいです.

3、アレルギー体質の妊婦はパパイヤが食べられないことができません.

ドリアン:1、血糖上昇につながると、大きな確率が増加します.

p2、妊婦はドリアンを食べると便秘になります.

p3、胎内が起きると胎児の健康を害する.

でも、妊婦は適量の食べた果物、例えば:

は適量の果物を食べることができます

サンザシ:血行をよくすること化淤通経、子宮の収縮作用があり、妊娠初期に注意するべき少量食用、流産の史、または他の妊婦流産の兆候は、たとえサンザシ製品も例外ではない.中
ライチ:ライチ、リュウガン:漢方医の視点から、女性は妊娠後、体質は普通に熱く、陰血は往々にして足りない.この時、いくつかの熱的な果物のようなライチ竜眼などは適量に食用して、さもなくば生じやすい便秘、弁舌瘡ができるなどのぼる病状には、特に切迫流産の妊婦はもっと注意する必要性の果物、暑いのでやすい胎動不安を引き起こす.

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*