ろく煮え立つ養鍋術を大公腎不全開募集

魚は、いい、ステーキ、制作ソース……、1本の美味しい料理もそれを中華鍋.つまり,食材が焦げ付い、頻繁に使用及びエラーの保養によって、鍋面には、汚れのないこげをつけて.この時をもたらす可能性が一生懸命アオウリ布洗浄スクラッチ、食療の養生の専門家王明勇先生あなたに教えて正しい鍋鍋を洗って術!

『王の健康明勇台所』で提出の6項のメンテナンス、洗浄鍋具のポイントは、実はただよく注意、延長することができる家で鍋具の使用期間を避けることもできる食べ進毒素.

ポイント1:新しい鍋煮え立つ

新しい鍋を買って帰った後に、煮え立つの手続きを経て、鍋の表面の金属のおじけづく細い孔が平らで、も初めて使うクリーン.第一歩、水を洗う水を鍋に入れ、煮沸して20分後にして.第二歩、鍋の冷却後、油を入れて、鍋の表面を均一に覆って油層、再び加熱30秒、油紋様をしてから火を消します.空の焼を避けて鍋の表面にコーティングがあるため、時間に加熱することに加熱することが長く、コーティングすることによって、釜の効果をなくします
.3:定期的に鍋、こしらえる前の熱い鍋中

冷鍋に油を入れ、均一に満ちた後に、中小の熱熱鍋に2分、つまり、その鍋を完成する.こしらえる、この時点で料理、定期メンテナンス、油ではなく、また、紙としては、そのためには、また、紙としてもいいです.4:少数の食材を粘る鍋処理

鉄で磨いて、鋼刷あるいは研磨加工粉で洗って、鍋をつけないでこするほどよく鍋になりやすいです!鍋に会った時,鍋に出会った時、鍋はまだ熱いので、温湯に浸して、水を入れて10分煮沸して、またスポンジあるいは柔らかいヘチマの布洗浄することができます.ポイント5:ひどい焦がす処理

ないように注意して,腎不全、肉の醤油煮込み焼き過ぎて、原料のソース粘って鍋の底が濃いお茶を入れて、あるいはレモンの皮、柚子皮、パイナップルの皮、用水煮えたぎる3から5分、頑固なムコ鍋ソースでスポンジで気楽に落とさ羅!傷鍋の表面を避けるために

スコップ、鋼シャベル易傷が付かない鍋具をつけて鍋が失効し、提案する木質や耐熱プラスチック杓子.もし、コーティングが剥がれ、さび、体に悪影響を与える可能性があり.

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*