どう和らぐ更年期緩和更年期障害きゅう、腎不全く大食(

更年期の女性が多い更年期の症状が現れ、女性の生活と仕事に影響を与え、家庭や社会にも重いストレスと経済負担をもたらします.更年期女性は、合理的な食生活を堅持し、食事の組み合わせに注意し、栄養を全面的に摂取し、更年期症候群の症状を緩和しても無視できない補助作用があります.

適量たんぱく質:適量たんぱく質.更年期は性腺の退化とともに、その他組織器官も退化している.食には良質たんぱく質、牛乳、卵、赤身、魚類、家禽類、豆製品.

にして、例えば、ラード,牛脂など、コレステロールの高い食品、卵黄,腎不全、脳髄、動物内臓などが含まれている.これらの食品には飽和している脂酸が血液中コレステロール濃度が明らかに上昇し、動脈硬化の形成を促進します.食用植物油、トウモロコシ油、油油、ピーナッツ油などを使用します.

第三招:宜薄い飲食、食塩の摂取制限、毎日食塩量はろくグラム以下.更年期は常に高血圧や動脈硬化し、塩に含まれる大量のナトリウムイオン、塩分のとりすぎ、心臓の負担を増加することができて、血液の粘る稠密さを増やすことができて、それによって血圧が上がる.

P第4招:炭水化物は多く食べない.糖類は多く、肥満を引き起こす.デンプン、小米などの複合炭水化物を多く食べて食べて.

第五募集:多く食べて新鮮な緑の野菜や果物、特に含カロチン、無機塩やセルロースの多い野菜など、小白菜、セロリ、ナツメ、サンザシなどが増えて、血管の靭性を促進し、血中コレステロールの排除、動脈硬化症予防、冠心病.

第六招:カルシウムの豊富な食品を選択して使用して、牛乳と豆製品はカルシウムの質の良いソース.含高カルシウム食物や:エビの皮、昆布、海草、酥鱼、カキ、海藻、ゴマ味噌など、骨粗鬆症予防.

ビタミンB 1の食物、たとえば赤身、アワなど、神経システム、軽減更年期総合症の症状については良いものがあります.

P第八招:ウンチを保持し、定時排便の習慣を身につけて.便秘者を含む多く食べていくつかの高いセルロースの食品、例えば豆、セロリ,ジャガイモなど、また、セルロースもコレステロールの吸収を抑えて、それによって著しい下がる血清コレステロールの作用のため、動脈硬化を予防することができる.

刺激的な食べ物、酒、渋茶、コーヒーなど、更年期の婦人情緒が不安定で、食事をして、この食品は興奮しやすい.

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*