どう养肝肝臓の腎不全五味子杞子益の息は肝臓のスープ

五味子別名玄や、及び,金梅、山にサンショウ、壮味、五味、つり榴など、唐などの新修本草を五味皮肉甘酸、核に苦労も塩味ので、五味子の名 .五味子南、北の2種類に分ける.古医学書と呼ぶ蕏﹞換も督昢ん傷、玄米や、及び、最初から神農本草経上品、漢方薬の効果は強壮の力を、薬用の価値が高く、トレーニングの効果.

p> <いち、五味子胆汁分泌を促進することができて、加速肝臓内のアルコールなどの有毒物質の排出.

に、五味子で多種の有効成分――木脂の素を強めることができて、この種類の物質GSH-PXとSOD酵素などの生物活性を持って、肝細胞膜を保護し、抗酸化を促進するタンパク質、脂質過グリコーゲンの合成と元の生成などの作用を促進することができて、損傷の肝細胞の修復,成長、抑制肝細胞病変.

さん、五味子を肝臓の解毒、肝臓を保護してから毒、悪用させることができる、アルコール、薬や肝炎で損傷した肝臓の組織の再生.

P漢方医は、多く暑さに肺胃を傷つけ、と考えていると考えている.五味子を咳を止める抗喘息種類の漢方薬、性の暖かい味の甘、集めて肺咳を止めて、腎臓を補って、益の息宁心唾液を分泌して、杞子合は薄い甜汤健脾臓が熱を熱やハイまたはロー症に会って、息が続かないの傷が暑い濡れる脾、脾気が弱い型小児夏暑い補助治療スープを飲.

五味子杞子スープ:

材料:五味子、枸杞子各ごじゅうグラム(漢方薬店販売),腎不全、氷砂糖よんじゅう~ごじゅうグラム.

Pは、漢方薬を少し浸し、洗浄.一緒に降りた瓦の煮る、加入清水せんミリリットル(約よんしよ碗量)、強火滚沸改めとろ火煮る約ごじゅう分~600 ml(約に碗の多い量)でも、氷砂糖が.小児1日に3度3度飲む.

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*